個人ガイドの田中が1日1組限定でご案内。カナディアンロッキーの日本語ハイキング・トレッキング&レイクオハラツアー  Wintergreen Guide Tours Ltd.


ホーム→ 不安解消(ハイキング)







楽しみよりも不安のほうが多いのは誰もが同じ。
だからこそ、質問は大歓迎。「つまらないことで・・・」なんて言わないで。
「どうなのかなぁ?・・・」は早めにスッキリさせましょう。
Wintergreen / 田中康一まで

 



●ツアーに参加する人の8割以上は、自称「ハイキング初心者」、「未経験」、「体力不足」、などなど
それってフツーです
。自信がないからツアーに参加するんですから。
事前にトレーニングする必要などないけど、シューズを新たに購入する人は試し履き(登り・下り)をしてください。

名古屋から参加した神野さん夫婦。
「唯一の自慢は "体力不足" !」と宣言してたけど(笑)、5日連続で楽しんでくれました。ホントです。

 2009年8/12〜16 神野夫妻 ブログ記事

 不安な人が無難に歩くコツは、
 「登り20%、下り30%」の力で歩くこと。

 そのために、歩幅を日常の1/3に縮めてみる
 それだけで全然違います。現地で一緒に試してみましょう。









●ハイキング中のトイレが心配
*ハイキング時間は4~7時間。
*通常、スタート時の駐車場にお手洗いあり 。コース途中にはナシ、または1ヶ所のみ。
*勇気を持てる人は、大自然の開放感ある空間を利用しての用足し。
 ペーパー、ウェットティッシュ、使用後のゴミを入れるジブロックなどが必要。
 日本で市販の携帯トイレも使い勝手あり。丈の長いポンチョを目隠し用に使用する人もいるらしい。

理想は我慢しないことだけど、
 田中の持論→  屋外で用足しする勇気がないなら、我慢すれば良い(ガマン出来る範囲内で)
 
 成人の膀胱は250〜600ml という数字もあります。

 
対策としては、
「冷え」を避ける・ゴクゴク飲まない。
身体が温まるポイントを把握してカイロを貼る。


@お水はひと口ふた口で。
  または、パプリカやトマトなどの生野菜で水分摂取。
 スーパーで種なし・皮ごと食べれるブドウを購入する。
Aお水ではなくお湯を飲む。保温力の高い水筒を持参。
B折りたたみの保温マット(レジャーマット?)
   ランチや休憩時に使用。
Cカイロを貼るピンポイント→ http://goo.gl/q7kysC
D朝のコーヒーを控えても、出るものは出ます(笑)
 

 *画像と実際の簡易トイレは関係ありません。ご安心を(笑)




●高齢の母を連れて歩きたい
条件次第で十分可能です。 まずは、詳細を教えてください。
87歳(4日間)、75歳(3日間)のハイキングツアーもご案内しています。家族のステキな思い出を作りましょう。
     2013年7/24〜27(今年もお帰り〜!)            2014年8/15・16・17(落合ファミリー)
 
  




●ハイキングって荷物が重たそう・・・・
脱いだジャケットやランチ、飲み物、雨具などを入れて背負います。
軽くはないけど、軽く感じるパッキング方法やストラップ・ベルトなどで調整方法を教えることは出来ます。
腰ベルトのあるリュックを用意してください。 ツアー出発前に一緒に確認しましょう。

万が一の雨に備え、リュックの内側に丈夫なゴミ袋を入れて、そこに装備を詰めれば防水対策になります。

コスメやUV対策、デジカメのバッテリー、メモリーカード、スマホなど、ポーチやジプロックに入れて小分けしておくと便利。
 



ホーム→ 不安解消(ハイキング)









   




積極的に動こう